FC2ブログ

NO TAX 足利CITY!(税金のない足利市!)

みな様こんにちは!スタイリッシュの佐藤です。

暑かったり、寒かったりと温度変化が激しい毎日ですが
体調崩されたりしていませんか?

忙しい毎日でもたまには、ぼ~~~~っとする日も大切にして
ご自愛下さいね~(^O^)

最近私がお会いさせていただく方に、なぜか?国や市に対して
とても心配され憂いをもたれている人達に多くお目にかかります。


「このままで、足利市は大丈夫なのか?」

「こんなことやっていて、この国は本当に大丈夫なのか?」


人生の大先輩達が、自分が愛したこの国や街の未来を心配して
いるのです・・・。


まだ若い世代の私達が、そんな大先輩達に安心してもらうために
出来ることはなんなのだろうか?


そう考えるなかで私が思い出したのが、松下幸之助さんが講演や
著書の中で語っていらっしゃる『無税国家論』について
でした。


それは、無駄を省き、予算の1割を積立てに回して将来
その利子によって、国家運営できるようにする・・・。

といった考え方です。


私は初めてこの内容を知った時に、凄い衝撃と限りない夢と
ロマンを感じました。


仮に国家レベルでは簡単にいかないかもしれません。


でも、地方自治体でなら出来ないだろうか?
真剣に考えたのを覚えています・・・


先日、そんなことを考えながらインターネットで検索してみると


「松下政経塾」出身で杉並区の山田区長が 

「日本で初めて税を減らし、ゼロにできる自治体を目指す」 と大まじめに
検討していることを知りました。

「自治体に企業のような会計制度を導入し、内部留保を可能としその
キャッシュフローの運用益から無税を実現する方法です。」


難しい言い回しをしていますが、私なりに簡単に言えば


「税金の使い方を良く考えて、節約して毎年一生懸命預金して、貯まった
お金を運用して、利子収入を増やし税金を少なくしていきましょう。」

ということなのだと思います。


素晴らしい目標を掲げ、本気で行動している山田区長をはじめとする
杉並区の住民のみなさんを心から応援したくなりました。


是非!成功してもらって、全国に波及するモデルになってもらいたいですね。


“千里の道も一歩から・・・”


私達も愛するこの街のため、未来の子供たちのためにも負けては
いれませんね~(^O^)