FC2ブログ

愛する日本の将来!

私が、最近読んだ本に「根っこ力が、社会を変える」(NPO法人 一新塾)という本があります。この本は、様々な社会の問題を解決するために、" 利他の精神 "で社会変革に挑んでいる人達が、紹介されている本です。その中の記述に私が以前から、心に引っかかっていることが数字とグラフで記されていました・・・。

 総務省の調べによりますと日本の人口は現在、1億2700万人(平成23年1月1日現在)だそうです。この人口が、今の出生率1.25のまま推移すると、2050年には9500万人に減り、更に2100年には4770万人になってしまうそうなのです。つまり、たった90年先に日本の人口は現在の約40%くらいになってしまうということなのです。また、驚くことに世界の人口は、日本とは逆に現在の70億人から、2100年には100億人に増えるそうてす。このことを知って皆さんは、どう感じますか?

 私が感じたのは、このままいったら、日本はいつの日か消滅してしまうのではないか?といった恐怖でした。今から90年先まで、私が生きている可能性は低いかも知れません。しかし、自分が愛する国の未来が世界と逆行している現実は寂しい感じがします。

 この問題について環境問題では日本の第一人者と言われている某大学教授に、私が問題提議したところ、この教授は「日本は、人口が減っていった方が豊かな生活が出来、国の将来として良いと思う」とおっしゃっていました。仮に、某教授が言うように人口減少が是だとしても、年間に80万人を超えるような、あまりに急激な人口減少や少子高齢化は社会を混乱させると思うのです。

 この問題に対して私に出来ることは、何なのだろうか?と考えました。そこで、私が考えたのは自分の周りにいる人達のことでした・・・。それは、結婚したいのに相手がなかなか見つからないと言っている30代、40代の友人達のことでした。この人達に自然な出会いの場を提供することで、少しでも多くの方が結婚し、家庭をもつことで少しでも国の将来を助けたいと考えたのです。そしてお子さんやお孫さんに早く家庭をもってもらいたいと考えている、50~70代くらいの人達の願いを叶える仕組みや同年代の一生涯付合える新たなソウルメイトとの出会いの場も必要だと思うのです。
私達がどこまでのことが出来るか分かりませんが、人々が幸せに生きていくために、今後はこういった社会問題にも積極的に関与し、地域に必要とされる会社として、利他の精神で奉仕していきたいと考えています。

“愛する日本”のために、一人一々が出来ることを、何か一つでも行動に移すことで、大きな波が起き、国が変わっていくのだと思います。

また、いつか活動報告させて頂きますね。(^o^)

CIMG3546.jpg