FC2ブログ

熱い議論となった社員研修 !

みなさんこんにちは。スタイリッシュの佐藤です!
11月は、2日間スタイリッシュハウスとグループ会社である総合設備と合同で、社員研修を実施しました。

 講師は、『できる人の「会話術」―1週間で人間関係が20倍よくなる学習研究社刊』をはじめ何冊もの著書を持ち、教育コミュニケーションコンサルタントの安堂達也先生です。  (http://www.and-planning.com/index)

今回は『さらに,いい会社にするには?』がテーマです。
『いい会社にしたい!』と思うのは、当たり前のことかも知れませんが、社員さんも私も同じ想いだと思います。では、いい会社ってどんな会社でしょうか?

 私の考えるいい会社とは、「お客様に喜ばれていて、業績が良く、社員さんの仲が良くって、協力会社さんとも良好な関係で、仕事に誇りを持っている会社です。」言葉で言えば簡単ですが、それを継続していくには、常に各人の意識を高めていく必要があります。

 実は、ここ2ヶ月の間にスタイリッシュグループで、新たに4名の方が入社しています。この新たに入社したメンバーと、もう古くは15年以上、私の会社で働いてくれている人が、一丸となれるようにするのも今回のテーマの一つでした・・・。

 研修の中では、役職や年齢に関係なく、全ての社員さんが具体的な例を上げて、業務の改善や周りの人の成長のために、意見を述べます。みなさん真剣で、時には激しい議論になる場面もしばしば見られました。(^_^;)

 こういった、やりとりは普段の忙しい仕事の中では、なかなか出来ないものですね。
うちの社員さんは、私が言うのも何ですが、みんな仕事に対する想いが強く、根本的に真面目な人ばかりです。しかし、私を含め100点満点な人なんている訳がありません。

 自分では、気付けない部分も、こういった研修で、みんなと議論することで一歩ずつ成長していくのだと思います。“会社とは、教育の場である。”と何かの本で読んだことがありますが、優秀な講師の元で、定期的に学んでいくことも組織の成長のためには、必要なことだと思っています。

この研修の成果が、出ているかどうかは、是非あなた様の目で直接見て頂き、もし何かお気付きなことでもありましたら、お気軽におっしゃって頂ければ有難いと思います。

今後とも、社員一同一丸となって“いい会社”にしていきたいと思いますので、応援宜しくお願い致しますね。(^O^)

CIMG9709.jpg
あなたの職場では、“さらに、いい会社にする”ために、どんな取組みをしていますか?