FC2ブログ

ハーフボランティア!?

先日テレビを見ていましたら、埼玉県のある街で商店街が中心となって、地域の人達のお困りごとを市民の力で解決している取組みをしているとの報道がされていました。例えば、一人暮らしの高齢者からの依頼で窓の清掃や草むしり、家具の移動や雨樋の清掃をしたり、お墓参りや買い物に同行したり、話し相手になったりするのです。
健康で若いうちはピンとこない、ちょっとしたことかも知れませんが、サービスを受けたお年寄りは、とても喜び心の底から感謝していました。
また、お手伝いをしていた60歳台のスタッフの方も、お年寄りの喜ぶ笑顔を見てとても嬉しそうでした。
このスタッフさんは、会社を定年退職していて年金をもらっており、生活は安定しているのですが、何か社会と繋がっていられる遣り甲斐を求めていたところ、ここの活動を知り参加することにしたそうです・・・。
この地域にも行政などで、似たような取組みをしていて、喜ばれているようです。ただ、夏場の草刈など繁忙期は2~3カ月待ちになってしまう等、かなりのご苦労をされているようです。

思い返してみますと、スタイリッシュハウスでもリフォームをした際に工事以外の様々なお困りごとをお手伝いしています。しかし、このお手伝いが出来るのは工事をご依頼頂いたご家族様だけのものです。そこで「地域のために何かしたい方」「ボランティア活動に興味のある方」などの、“元気シニア”や“いつも決まった時間に働くのは無理だけれど、空いた時間だけ働きたい主婦の方”“夏休みや春休みの大学生”“土日の休みを使ってボランティア活動したい方”など、有志をつのり高齢者世帯を中心に「お助け隊」の派遣をしていったらどうかと考えています。行政でやりたくても、補完出来ていない部分を有志の力で少しでもお役に立てる仲間をつくれたらと考えています。特に若い世代の方が関わることで、高齢者の方の生きた知恵や歴史を見聞きすることで、たくさんの学びになると思うのです。

私は「ハーフボランティア」と名付けたのですが、空いている時間を使ってボランティアとして活動しますが、働く方に時間給などで若干の収入になるようにしたいと考えています。何故ならば、ここのところ様々なボランティア団体やNPOで働く方達にお会いして思ったのは、年に1回くらいの活動でしたらいいのですが、毎度のことになると無償だけですと長くつづけていくことが苦しくなり、大きな波を起こすことが出来ないように感じたからです。

まだまだ企画段階ですが、もし趣旨に賛同しご興味がある方がいらっしゃいましたら、弊社スタッフに是非お声掛け下さいね。(^o^)