FC2ブログ

日本とハワイを繋ぐプロジェクト!!

こんにちは(*^_^*)


「天才バカ社長日記」佐藤です。

【日本とハワイを繋ぐプロジェクト!】



アロハシャツの起源は、日系移民の方々が着物をシャツに仕立て直したのが始まりと言われています…
来年は、日本からハワイへの移民が始まり150周年というメモリアルイヤー!
そこで、私が代表を務める「NPO法人スタイリッシュライフ」の活動として
伝統的な着物である「銘仙」の柄でアロハシャツをつくるというプロジェクトをスタートしました。

…「銘仙(めいせん)」とは大正から昭和にかけて、おしゃれ着として日本全国で大流行した絹織物です。
特に足利でつくられた「足利銘仙」は、斬新なデザインで昭和10年頃には織物生産高で日本一となり
全国に名を轟かせていました。
しかし、戦争の影響もあり足利銘仙は衰退し、現在は生産すらされなくなってしまったのです…

そんな消えつつある伝統を守ろうと、このプロジェクトはスタートしました。

製造にあたっては、ビンテージのアロハシャツで有名な「Kona Bay Hawaii」の木内社長に
熱意を伝えたところ、協力頂く事が決まりました。
そして、試行錯誤した結果、「松の葉」が表現された足利銘仙柄のアロハシャツを300着限定生産に
チャレンジすることになりました。

できあがったアロハシャツは、来年3月に行われるホノルルフェスティバルで関係者の方々に贈呈し
加えて、ご支援いただいた方へのお返しにさせていただきます!



meisen01.jpgmeisen02.jpg
ピンクとネイビーの2色作成致します!



斬新な柄と鮮やかな色彩で、大正から昭和初期に一世を風靡した「銘仙」は
日本では滅びかけている文化です。

しかしこの企画が実現すれば、銘仙の柄がアロハシャツで蘇り、ハワイで生き続けることができます。

かつて織物と繊維で栄えたまち足利のプリント技術のPRにもなりますし
足利のまちを盛り上げることにも繋がります。

20171220-2.jpg

20171220-3.jpg

20171220-4.jpg

20171220-5.jpg



「足利銘仙アロハプロジェクト」から始まる草の根の交流から、将来的には足利市とホノルル市が
姉妹都市になることを夢見て、メンバーが一丸となって頑張っています。

この銘仙柄のアロハシャツで、日本とハワイの歴史と文化の架け橋の一助になれたらと思っています。

ご興味持って頂けましたら、クラウドファンディングも始まりましたので、応援頂けたら嬉しいです(^_^)☆
足利銘仙アロハプロジェクト!クラウドファンディング

20171220-1.jpg

※写真は「足利銘仙アロハプロジェクト」発足の記者会見での一コマです。
新聞やテレビなど…たくさんメディアに取り上げて頂きました^ - ^