FC2ブログ

あるタクシー運転手の話

あけましておめでとうございます(^0^)/

遅ればせながら本年も宜しくお願い致します。

…新年ですので、ちょっと勇気づけられるいい話をご紹介したいと思います。

私はこの話の中に、どんな仕事でも上手く行く人の考え方や、行動が詰め込まれていると感じました。


読む前に“もし?自分がタクシー運転手だったら、どうやって他のタクシーとの競争に勝つか?”を


少し考えてから、読み進めてみて下さいね…。


《あるタクシー運転手の話》


タクシーに乗ると「不景気ですね」との声が運転席より。


「1万台も車が増えました。客単価は下がり、終電が過ぎればお客はいないです。


タクシーの実車率は最低ですよ。」とのこと。


「でも、運転手さんは成績いいでしょう?」


そう言うと振り返り、


「この商売を始めて、約10年、400人中10番に落ちた事はないですよ。エヘン」との返事。


何か秘密でも?と問うと…


サラリーマンをクビになる時、息子3人が大学生で、


必死でタクシーで稼ぐ方法を考えたのです。


そのタクシーで稼ぐ方法とは?


早くて安い事。


道を知る事が大切と、早道のプログラムをパソコンに入れたり、

都内の劇や催し物を、毎日パソコンに入れ、TV番組まで入れました。

お客が入りそうな時間帯や、場所の情報を集め、早道を知ることに務めました。

あれから月50万円は稼いでいます。と自信のある返事。


乗車と同時に話しかけるタイミングや、話題の選択は、プロのなせる業と感動した。

「しかし、凄い人がいたものだ。どんな時代にも生きられる人間力。生きる術。

何処の国にもこんな凄い人間力はあるものだと。」

(出典:松藤民輔の部屋)


昨今、百年に1度の不景気だ!なんて言われていますが、どんな仕事でも、

このタクシーの運転手さんのように、お客様の気持ちを第一に考えていれば、

まだまだ出来ることってたくさんありますよね。

胆に命じて、今年も頑張って行きたいと思いました。

本年も宜しくお願い致します。

理想の会社

みなさん!こんにちは。


スタイリッシュの佐藤です!


だいぶ寒い日が続いておりますが、如何お過ごしですか?


どんなに忙しくても、どんなに大きな悩みがあっても『健康第一』ですよ!


お身体大切になさって下さいね(^O^)/

 

ご存知の方も多いと思いますが、スタイリッシュハウスの社是は


『愛してる。お客様を愛し、仲間を愛し、地域を愛し、仕事を愛しています。』です。


この社是!

実は、真剣に何時間も考え決めたものではありません。


広告企画会社の社員さんに『御社の社是はなんですか?』と質問され、


スラッと何の迷いも無く、降りて来た?感じの言葉でした。


その時は、 あまりにスラッと言葉になったので、自分でもビックリでした・・・。


つい最近、福島正伸先生の「理想の会社」という本の中で、


トータル・サティスファクションという聞き慣れない言葉が書かれていました。


トータル・サティスファクションそれは、

“お客様のみならず、社員さん及びその家族、地域、日本、さらには地球のすべてを満足させる活動。

すべての人々を未来永劫幸せにすることを目的とした考え方である。”
と書かれており、


私は、自分が思いがけず社是にした言葉と同じ意味だなと、また新たな気づきを頂き感慨深く感じました。


ホームページ(http://fukushimado.net/tokusetsu/ideal_company/example.html)や、


本の最後にも、紹介されていますプロモーション映像で、スタイリッシュハウスを紹介出来たら、


素敵だな!と、ホームページの「理想の会社」の映像を見て、目頭が熱くなりました。


感動の涙に飢えている?あなた(笑)必読ですよ。


お薦めの本ですのでお正月休みにでもお読み頂けたら幸いに思います・・・。


本から学び、気づきを得ることって多いですね。


来年は、この福島先生のセミナーに行って御礼を言ってきたいと考えています♪

今年も一年お世話になりました。


来年も宜しくお願い致します。

毎日、社員が感動して涙を流す 理想の会社毎日、社員が感動して涙を流す 理想の会社
(2009/10/31)
福島正伸

商品詳細を見る

映画「沈まぬ太陽」

2009/11/24

みなさん!こんにちは。スタイリッシュの佐藤です!

1ヵ月の御無沙汰ですね。(^O^)


インフルエンザが流行っていますが、風邪などひかれていませんか?

 ・・・先日私は、渡辺謙さん主演の映画「沈まぬ太陽」を見に行って来ました。


 実はこの映画について、謙さんご本人から


「この映画をこのタイミングで出来ることが、とても意義のある素晴らしいこと。」


そう伺っていただけに、上映されるのがとても楽しみな作品でした…。


映画は、30年間企業の不条理に翻弄されつづけても絶対諦めなかった

航空会社の労働組合委員長の恩地(渡辺謙)の人生を通じて、

仕事とは、家族とは、人生とは、人を信じることとは、と考えさせられる映画です。


脇を固める行天(三浦友和)との熱いぶつかり合いから、二人分の人生を考えさせてくれます。


清々しく、爽やかな、緊張感を楽しみにご覧になって下さい。


この映画の中で、私が特に印象に残ったセリフが「矜持(きょうじ)」という言葉でした。


この言葉について、「徹子の部屋」に出演された謙さんが、

「この矜持という言葉を使って、若い人の腑に落ちるか心配で、“誇り”とか“プライド”とかに置き換えようとしたが、どうもしっくりしなかったので、結局そのまま使うことにしました。」


そんなような事をおっしゃっているのを拝見しました…。


『矜持!』

それは、骨の髄まで削って、削って、最後の一部になっても残る、曲げられぬ思い!

自信と誇り。自信や誇りを持って、堂々と振る舞うこと。


そんな今の時代に必要な、深い言葉とのことでした。


絶対に譲れない何かを持っている人って魅力的ですよね!


私にとっての矜持は、何だろうか?じっくり胸に秘めていきたいと思います。


あなたにとっての人生の”矜持”とは何ですか?


意味ある人生のために、大切にして行きたいものですね!

また、来月お会いしましょう(^ー^)

男気!石原裕次郎の巻!!

「太陽に吠えろ」などの代表作で知られる石原プロモーション!


その石原プロにも危機的状況があったそうです。

 …もう何年も満足な給料も払えず、80人を擁した社員は、一人去り、二人去り、残るは12人だけとなった。

 事務所もプレハブ小屋、撮影機材も全部お金に換えた。
 
 
 裕次郎の300坪の成城の豪邸も、抵当に入っている。
 
 
 夫人のまき子さんも、貴金属から洋服まで全部手放し、借金払いに充てていた。

 
 心労から裕次郎は結核になり入院!完全にやりくりがつかなくなっていた…。


 
 裕次郎の片腕、当時石原プロ社長の樋泉(ひいずみ)さんは、声を出して泣いた。


 「俺は死ぬのは怖くない、でも裕次郎の顔に泥を塗ってしまうのが死ぬよりつらい」
 

 樋泉社長は、グラスに注がれた酒を一気に飲み干した。 
 

 明後日には3億6千万円の手形の決済がせまっている。
 

 それを聞いたもう一人の盟友、川名さんが「裕さんにテレビCMに出るように説得できないだろうか」そう呟いた。

 根っから映画屋の裕次郎をテレビCMに出す。(それは、命がけの説得だった)
 
 
 翌日、樋泉の命がけの説得に、裕次郎はOKを出す…。
 
 
 樋泉と川名は、その足で東京駅に向かい新幹線に飛び乗り、宝酒造㈱の大宮社長に会いに行った。

 
 社長の大宮の姿を見るなり、樋泉と川名は社長室でいきなり土下座した。

 
 「御社のCMに裕次郎を是非出演させて下さい。つきましては、その出演料3億6千万円の本日の支払いをお願い致します。」やぶから棒の話です。
 

 「無礼者!!」と怒鳴られ、放り出されても仕方がない振る舞いです。


 しかし、社長の大宮は苦労人!樋泉たちの必死の姿に、心を動かされるものを感じていました。
 
 
 当時の3億6千万円といえば、現在の20億に匹敵する大金です。

 
 その金を即答していますぐに出せは、いかにも無理難題です。


 その頃の宝酒造の経営状態も、必ずしも順調なものではありませんでした。
 

 大宮社長は、ジッと腕を組んだまま天井を見上げ、5分が経ちました…。
 
 
 

 「分かりました。お金は出させて頂きます。」
 

 樋泉と川名の膝が、ガクガクと震えて止まらなくなった。


 大宮は経理部長を呼ぶと、目の前で小切手を切るように指示した。


 樋泉と川名はたまらず抱き合って男泣きに泣いた。


 「樋泉さん、これで生きれるね、死ななくていいんだね」


 「ありがとう、ありがとう」傍で大宮社長も、もらい泣きをして泣いてくれていました…。
 

 2週間後、裕次郎が台本を書いて盟友宇野重吉と競演した「裕次郎、人生とは…」「飲むことよ!」のあの名シーンを生んだCM撮影が行われました。

 (20代の方は、分からないかも(^_^;))
 

 そしてそのCMが流され、大変な人気を呼ぶこととなりました。

 この成功により宝酒造の「慶びの酒、松竹梅」は慶祝贈答酒部門の№1の地位を獲得、今日の宝酒造発展の礎となったそうです。
 

 
 大宮社長の、命を懸けた必死な人間への優しい思いやりの心が人を生かし、また自らも生きる道を開いたのですね…。(出典muranisiブログ)
 

 今では御祝いごとで使われるのが、当たり前になっている「松竹梅」にまつわる本物の男達の物語に感動しますね。

1000年たどる家系図制作!!

あなたはご自身の御先祖様が、どんな方だったかご存知ですか…?


 私は小学5年生のとき、父に質問したことがあります。


「うちの先祖に、有名人やカッコいいサムライだった人はいないの?」(期待たっぷり)


父「知らね~けど、たいした人はいね~な!ハハハ・・・」


「あ~…(T_T)僕の家系って、たいしたことないんだ。。。(涙)。。。」


この父の一言は偉大でした。

それ以来、私の歴史に対する興味を、全て奪い去ってしまったからです。(笑)


でも今になって思うのは、自分の家系はどんな風になっているのか?


別に、人に自慢出来るようなものなんかなくてもいい、どんなふうにして、この足利に住み着いたのか?知りたくなって来たのです。
 


しかし、父も母も亡くなった今、親戚の叔父さん叔母さんに聞いても、せいぜい私の曾祖父ちゃんのことまでしか分かりません。


そんな時に、たまたま私が毎月購入しているセミナーCDで紹介されたのが、行政書士の丸山学先生がやってらっしゃる「1000年たどる家系図制作サービス」でした。

みなさん信じられますか?


1000年っていったら、平安時代!紫式部や藤原道長!?そんな時代までさかのぼれるってことですもんね???


しかし、私の興味は抑えることが出来ません。

さっそく、まずは「200年たどるコース」に申し込んでしまいました♪


どのくらいで、出来上がるのか楽しみにしていると、何と既に満杯で1年待ちとのこと。(^_^;)


みなさんにご報告出来るのは、1年以上先になってしまいますが、またハーモニーでご報告しますので、楽しみにしていて下さいね!


もし、このサービスにご興味がお有りでしたら、ホームページや本をご覧になって見て下さいね。

*ホームページアドレス  http://www.5senzo.net/